FC2ブログ
Welcome to my blog

小坂恭子『恭子』1975

恭子

75年5月にリリースした三枚目のシングル「想い出まくら」がオリコン発表85万枚、レコード会社発表で130万枚の特大ヒット。歌番組にはほとんど露出せず75年の年間チャート三位にまで上り詰め、小坂さんの代表曲になりました。
本作は名曲「想い出まくら」収録のセカンドアルバム。当時この「想い出まくら」はおそらく(?)フォーク系ニューミュージック扱いだったと思いますが単純に楽曲として見るとちょっと蓮っ葉な女性を歌った歌詞やメロディー等、歌謡曲と言った方がしっくりくるかも。本作もこの曲の編曲を担当した福井峻さんが手掛けたナンバーは歌謡的、ただそれ以外は意外に攻めていて、特にロック好きの人にはCharさんが編曲参加した曲、スワンプな「別れて今」(この曲はCharさんがボーカルでも参加)やサイケ・ロックな「砂人形」あたりは要注目。また萩田光雄編曲作品はソウル的味付けをしており、「ひとつの朝」なんて珠玉のメロウ・ソウルでおすすめ。折り目正しく歌うイメージですが歌唱の引き出しも多く、「恋の足跡」の今にもプツンと切れそうな情念系ボーカルにはビックリします。

おすすめ度   ★★☆
※ 1995年にCD化されています。
スポンサーサイト