FC2ブログ
Welcome to my blog

稲垣潤一『Mind Note』1987

Mind Note

三洋電機のCMソングをきっかけに人気が上昇し(?)前作『REALISTIC』はオリコン1位を獲得。バラード・ベスト『P.S. 抱きしめたい』を経て、前作からほぼ丸一年後リリースした本作も全形態合算で約35万枚、オリコン1位のヒットと絶好調。本作収録のシングル「想い出のビーチクラブ」はジンジャーエールのCMソングに起用され、TBS日本作曲大賞で大賞受賞しています。
本作は前作同様、セルフプロデュース&自身のツアー・グループ"TOPICS"が大半のアレンジを手掛けたもの。作家も林哲司さんや安井かずみ&加藤和彦夫妻等、自作ナンバーを入れることも含め前作を踏襲していますが、岸正之さん、崎谷健次郎さん、堀川まゆみさんと新しいところも起用しています。前作同様に作りは丁寧で、楽曲も決して外さない盤石のクオリティですが、「1ダースの言い訳」「April」「バチェラー・ガール」「愛のスーパー・マジック」と目玉曲目白押しだった前作と比べると、本作はキラーチューンはシングル「思い出のビーチクラブ」と生命保険会社のCMソングだった名バラード「時を越えて」ぐらいで少し寂しい。あとは崎谷健次郎提供ポップ・ナンバー「トライアングル」と安井&加藤夫妻の「エンドラス ラブ」あたりは好きですが、全体的に地味です。

おすすめ度   ★★★
※ 2008年に再発されています。
スポンサーサイト