FC2ブログ
Welcome to my blog

和田加奈子『KANA』1987

KANA

87年4月から放映開始されたテレビアニメ『きまぐれオレンジ☆ロード』のエンディングテーマとして「夏のミラージュ」「悲しいハートは燃えている」が起用され、「夏の~」はオリコン最高71位、「悲しい~」は最高30位、いずれも3万弱のスマッシュ・ヒット。夜のヒットスタジオにも出演するようになり、かつてアニソンをきっかけにブレイクした杏里さんに通ずる売り方で露出を増やします。
ヨーロピアン路線だった前作も、杏里さんで言う『哀しみの孔雀』みたいなもの。ディレクターも本作より、後に宇多田ヒカルさんのプロデューサーとなる三宅彰さんが担当しブギ―/ブラコン路線へと転換、アレンジも半数以上が鳥山雄司さんとなっており、一部NY録音となっています。まず、ハードなラテン・ディスコ「悲しいハートは燃えている」が、サビでのコーラスとの掛け合いの忙しなさも癖になる良曲(夜ヒットではヘンテコなダンスを披露していました)、「Sunday Brunch」もLight Mellow度高い上質な和モノ・ブギ―。このあたりブラコン路線ですが、一部前作のヨーロピアン路線を残している曲があり「冬の水族館」とか「C・クローデルの罪」とか(後者は個人的に大好きですが)いきなりアルバムのカラーが変わる曲が。良曲揃いですが、統一感には掛ける出来かも。

おすすめ度   ★★★☆
スポンサーサイト