FC2ブログ

ほげろぐ。

Welcome to my blog

CategoryCD感想記 1980年代 1985年 1/7

川島なお美『SCOOOP!』1985

これまで女子大生タレントというイメージのもとバラエティ番組を中心に活躍してきた川島なお美さんですが、おそらくこの頃から(?)俳優座の野中マリ子さん主宰の野中塾に通い演技の勉強を始め、活動の中心を女優へとシフトしていきます。ここまでコンセプティブなアルバムを連発してきておりますが、本作もスキャンダルやスクープをテーマにしたコンセプト・アルバム。より作品への関わりを強め、本作ではセルフプロデュースに挑戦&...

  •  -
  •  -

堀ちえみ『夢の続き』1985

No image

舌癌の手術後、本日放送された『徹子の部屋』にて初TV復帰、元気な姿を見せてくれました。どれだけ努力してリハビリに励まれたのか…懸命に話す姿に心打たれました。番組でも話されていましたが、またいつか歌声を聞かせてほしいです。82年のデビュー以降、突出して(20万以上)売り上げることはなかったものの、固定ファンをガッチリつけて長く"それなりの売上"をキープし続けていたちえみさんですが、85年9月リリース16枚目のシング...

  •  -
  •  -

吉川晃司『INNOCENT SKY』1985

レコード大賞新人賞を獲得し、年が明ければ日本武道館公演でライヴを開催て大忙し、1月は「ユー・ガッタ・チャンス」をリリースしますがこの曲も30万枚超のヒットとなり初のオリコン1位を獲得。同名映画の主演も務め吉川ブームは強まるばかり、続く「にくまれそうなNEWフェイス」もオリコン1位を獲得、このあたりが全盛期かも。本作もLP/CT合算で約33.5万枚の好成績を残しました。本作はちょうど「ユー・ガッタ~」と「にくまれそ...

  •  -
  •  -

C-C-B『僕たちNo-No-No』1985

割と一発屋的イメージを持たれている(?)C-C-Bですが、「Romantic~」以降も人気は持続し、平成に入ってからリリースした「Love Is Magic」を除けばすべてオリコンTOP10入り、特にこの85年と松本×筒美シングルが続きどれも20万枚超の売上を獲得、この年の年末は賞レースでも大活躍しレコ大金賞&紅白出場を果たす大人気。本アルバムもC-C-B自己最高売上となっています。本作は半分が松本隆×筒美作品、残りがメンバーによる作品で構成...

  •  -
  •  -

荻野目洋子『フリージアの雨』1985

ジャケットからしてボーイッシュで爽やかな美しさですが、ビジュアル的には全盛期以上にこの頃がピークだったのでは、ただ「ディセンバー・メモリー」とか坂本龍一作品「無国籍ロマンス」とか良曲をリリースするも売上は大体40位前後と燻ぶっていました。本作はセカンド、ファーストで展開した星とか空とかちょっとアニメっぽい近未来的なイメージから、「フリージア」「ポインセチア」「ジャスミン」と今度は小洒落た花で押してま...

  •  -
  •  -