FC2ブログ

ほげろぐ。

Welcome to my blog

CategoryCD感想記 1970年代 1979年 1/6

水越けいこ『Aquarius』1979

本日公開の東宝映画『ラストレター』で水越けいこさんが出演されているようです。おそらくこれまで女優としてドラマ・映画に御出演されていたことはないと思いますが、齢65歳にして大きなチャレンジです。デビュー以来、シングルリリースは基本的に伊藤薫さんの楽曲を歌ってきた水越けいこさんですが、2年目12月にリリースした「TOUCH ME in the memory」で初の自作ナンバーをシングル化、ここからよりアーティスト化していきます...

  •  -
  •  -

狩人『狩人THIRD アメリカ橋』1979

「青春物語」以降売上は低下していた狩人ですが、二年目の78年紅白には何とか「国道ささめ雪」で出場、最後の出場となりました。ただこのあたりまでは一定の人気を保っていたようで、売上やオリコン順位は奮わないものの「青春物語」と続く「アメリカ橋」はザ・ベストテンでは13位とTOP10に近い位置まで上昇していたよう、まだファンの熱は高かったのかなと思います。このアルバムは都倉俊一さんをはじめ、坂田晃一さん、出門英さ...

  •  -
  •  -

広谷順子『その愛に…』2016

突然の訃報でした。作曲・コーラスの活動で有名ですが、SSWとしても実力者でした。ご冥福をお祈りいたします。76年にニッポン放送主催のインター・カレッジ・オリジナル・ソング・コンテストにて作曲賞とグランプリ賞を獲得、すぐにアルファミュージックと契約し、アルファ創設者の村井邦彦さんによる書下ろしナンバー「道」でポニーキャニオンよりデビュー。このデビュー曲は作家からの提供作でしたが、2枚目の「古都めぐり」は自...

  •  -
  •  -

久保田早紀『夢がたり』1979

2019年、令和元年も最後となりました。78年にミス・セブンティーンコンテストに応募し、コンテスト自体は辞退するもCBSソニーの金子文枝ディレクターと出会いデビューへの下積みを開始。短大への通学中に作った「白い朝」を、CBSの酒井政利プロデューサーの判断で「異邦人」に改題&アレンジャー萩田光雄氏による中近東風編曲&アフガニスタン撮影CMタイアップでデビュー、「飛んでイスタンブール」「魅せられて」等当時の異国情緒ブ...

  •  -
  •  -

Rajie『Quatre』1979

YMOでの活動が大忙しになる直前の高橋幸宏プロデュース&坂本龍一サウンドプロデュース作。1st、2ndとシティポップ~AOR路線でしたが、本作ではテクノポップ&フレンチ路線へ。以降このヨーロピアン路線を音楽的ベースにしていきます。アルバムタイトル『Quatre』は"4"の意味ですが、オリジナルアルバムとしては3枚目、これは高橋幸宏さんの愛車である仏車ルノー・キャトルに由来するそう。フレンチ路線への転換は、Rajieさんの担当...

  •  -
  •  -