FC2ブログ

ほげろぐ。

Welcome to my blog

CategoryCD感想記 1970年代 1977年 1/7

岡田奈々『'77 新しい日記帖』1977

1977年2月、堀越高校在学中最後、卒業前のアルバム。ドラマに歌に大活躍だった前年76年から高校卒業という節目を迎え、"奈々"と"1977年"を引っかけて本作をリリース、この後のシングル「そよ風と私」もヒット、ここまでは順調な活動ぶりでした。デビューからここまでずっとバックアップし、岡田奈々さんの歌世界を作ってきた松本隆さんは本作まで。前半A面5曲が松本隆作品、後半B面6曲が藤公之介作品となり、以降松本隆作品はなく...

  •  -
  •  -

沢田研二『今度は、華麗な宴にどうぞ。』1977

「勝手にしやがれ」の後にリリースした「憎みきれないろくでなし」は60万枚超、前作からのシングルカット「サムライ」は50万枚超、続く「ダーリング」も約45万弱でオリコン1位を獲得。阿久悠×大野克夫さんによるシングルを連発し、出す曲出す曲すべてヒット、そのビジュアル・パフォーマンスも常に注目されて、当時絶頂の歌謡界の第一線を華麗に突き進んでいきます。本作は前作に引き続き、全曲作詞・阿久悠、作曲・大野克夫、編曲...

  •  -
  •  -

荒木由美子『ヴァージン・ロード / 渚でクロス』1977

76年に第一回ホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞、翌77年に歌手デビュー。このときのグランプリは榊原郁恵さんですが、社長の鶴の一声がなければ由美子さんに決まっていた、というエピソードから分かるようにビジュアル・歌とも好素材。本アルバムはデビュー曲「渚でクロス」と続く「ヴァージン・ロード」の両面、あとは宇崎竜堂作品カバー。シングルも宇崎作品のため宇崎竜童作品集という感じ。明らかにホリプロ先輩...

  •  -
  •  -

あいざき進也『セクシー・レディー』1977

売上はかなり落ち着きアイドルとしては終息期に入ってきた頃のアルバム。シングルではしばらく筒美京平作品が続いていましたが、筒美先生によるポップス路線から、三木たかし作品「ミッドナイト急行」、加瀬邦彦作品「セクシー・レディー」と全盛期の頃のようなオールディーズ・ロック路線に回帰、「セクシー~」では髪を短くして振りも激しくビジュアル的には大きくイメチェンしました。このアルバムも三木さん、加瀬さんによる全...

  •  -
  •  -

香坂みゆき『夢』1977

元々萩本欽一さんのバラエティでマスコットガールをしていて子どもタレントとして知名度があったようですが(?)77年にポリドールから14歳で歌手デビュー。岩崎宏美さんに迫る高い歌唱力の方ですがデビュー当初はヒットせず、賞レースにも絡みませんでした。本作は全12曲中10曲が松本隆作詞のファースト。作曲・編曲は馬飼野康二さんによるセカンドシングル「初恋宣言」を除けば全て穂口雄右さんによるものでキャンディーズっぽい正...

  •  -
  •  -