FC2ブログ

ほげろぐ。

Welcome to my blog

CategoryCD感想記 1970年代 1976年 1/6

野口五郎『GORO IN LOSANGELES U.S.A. / 北回帰線』1976

76年一発目の「女友達」は若干売上を落としましたが、続く「きらめき」「針葉樹」と順調にオリコン2位をマーク。6月にはTBS東京音楽祭 ゴールデンスター賞を受賞し、年末には日本歌謡大賞 音楽賞や、レコード大賞 歌唱賞を受賞。お茶の間の国民的アイドルとして大活躍する一方で、音楽的にも探究を続け、5月にはLAレコーディング、ミュージシャンとしても前進しました。74,75年と連続でロンドン録音作を出しましたが、この76年はつ...

  •  -
  •  -

中島みゆき『みんな去ってしまった』1976

デビュー年75年はグランプリをいくつも受賞し、シングル「時代」のヒットもあり存在感を示しましたが、翌76年はリリースしたシングル「こんばんわ」「夜風の中から」がいずれもTOP100圏外に。翌年には「わかれうた」がオリコン1位の大ヒットとなり、以降40年以上現在まで出すシングルすべてALL100位圏内のため、本人のリリース物は唯一の低迷期と言っていいかも(?)。ただし研ナオコさんにシングル「LA-LA-LA」「あばよ」を楽曲提供...

  •  -
  •  -

ザ・リリーズ『恋に木枯し/ザ・リリーズの世界 Vol.2』1976

初年度に「好きよキャプテン」がスマッシュヒットし新宿音楽祭で銅賞を受賞する等、多少知名度を上げたリリーズでしたがそれ以降は低空飛行、ナベプロなので音楽番組は定期的に出演しつつ細々とシングルリリースをリリースしていきます。前作から半年空けたこの2ndは『ザ・リリーズの世界 Vol.2』という副題がついていますが1stと構成等は全く別物のウィンター・アルバム。シングル「いじわる時計」までは松本隆さんが楽曲をサポー...

  •  -
  •  -

岡田奈々『握手しようよ』1976

76年は岡田奈々さん大活躍の年。初出演&初主演映画『青春の構図』でのエランドール賞受賞、前年10月から出演のドラマ『俺たちの旅』でのオメダの妹役等、女優として活躍した一方、4枚目のシングル「青春の坂道」がオリコン最高20位ながらロングヒットし10万枚超の自己最高売上に、夜のヒットスタジオにも初出演し歌手としても活躍、アイドルとしての全盛期と言えます。「青春の坂道」は、胸がキュンとするようなノスタルジックな青...

  •  -
  •  -

松本ちえこ『ちえこのハロー・ウインター』1976

急な訃報で言葉が出ません。9年前『HEY!HEY!HEY!』に出ていたのを見て以来あまりテレビで見かけませんでしたし、アイドルとして振り返られる機会も他の方と比べ少ない気がしますが、朗らかな歌声に親近感あるビジュアル、当時他にいないキャラクターでした。80年代以降、堀ちえみさんを筆頭にこうしたタイプのアイドルが活躍していきますが、松本ちえこさんの成功あってこそです。作品も聴いていて楽しくなる、キュートな曲ばかり...

  •  -
  •  -